チケット購入方法 前夜祭・ワークショプ ゲスト紹介 申し込みフォーム メール・お問い合わせ

ゲスト紹介
Nona Brown(アメリカ)
サンフランシコ、ベイエリア出身。ソロボーカリスト、クワイアディレクター、ピアノ&オルガン奏者、ソングライターとして、30年以上のキャリアを持つゴスペルアーティスト。女性ゴスペルアーティストとして、数々の賞を受賞。エドウィンホーキンスのシンガーとしても活躍し、エドウィンが亡き今、大きな悲しみを越え、さらに勢力的に活動。
2019年11月5日に発売された新しいCD「Songs From My Journal」はビルボードのゴスペルアルバムセールスの14位にランクインした。彼女のメロディアスな楽曲とゲストアーティストとのコラボが素晴らしいCD。また、近年、フランス、パリでもワークショップとコンサートを行うなどして、世界中に羽ばたき、よい知らせを伝えている。


Harmony Gospel Singers(イタリア)
2003年に誕生。創立からステファニー・マウロ(Stefania Mauro)の指揮の元、活動。楽曲の多くはイタリア北東部のシンガーズやバンドによって作曲されている。
“Gospel”=良い知らせは、世界の全ての人々に溢れる喜びを持って伝えられるものであると信じて行う、リズミカルで霊的な力にあふれるコンサートは好評を博している。
数々の著名なフェスティバルに出演し、イタリア国内外でコンサートを行っている。2015年と2016年に“Akademia Music Awards”のBest Gospel track を受賞。また、2019年8月にヨーロッパで最初に成功を収めた“European Gospel Festival”を主催(www. festivalgospelmontegrotto.com)。2019年末に、5枚目となるアルバム“THANK YOU”をリリース。日本初来日!